建設物価上昇で賃金も上昇?待遇も?福利厚生は??

query_builder 2022/04/13
ブログ

最近、資材の高騰がニュースによく出ています。

昨年は新型コロナウイルスの影響で、今年はロシアの侵攻の影響が大きいと言われています。

今後どうなるのか、我々の仕事量や賃金はどうなるのか。

待遇は?福利厚生は??

考えてみましょう。

資材高騰の原因

コロナウイルスの影響

2020年に発生した新型コロナウイルスにより生活が一変しました。

建設業は割と災害やこうした有事の際に影響が少ない仕事です。

特に我々型枠工事の仕事は建物を建てる中で重要なポジションを担っています。

仕事の内容はホームページの型枠工事の流れをみていただければわかると思いますが、それだけではなくてほかの職種の方がやるような仕事もしています。

なのでこのコロナ過で仕事が無くなる事は全くなく、むしろ仕事は増えたのが実際のところです。

なぜ資材が上がった?

日本は輸入大国です。建設資材もほとんどが海外から取り寄せています。

そんな状態で今回のコロナが世界に与えた影響を思い出してください。


海外ではロックダウンにより仕事ができない状況が続きました。なので日本向けの建設資材の制作もできない状況です。在庫には限りがあります。さらにアメリカや中国が高値で資材の買い占めをしているため日本に入る予定の資材が減った、簡単に言えばこれが実状です。

じゃあ給与はどうなる?

単に仕事量が増えればその業界の賃金はあがる傾向です。

が、今回のロシアの件でどうなるのか分かりません。

建設業はコロナ前の2019年から工事量が減りました。当然入ってくるお金が減れば支払うお金も減らさねばなりません。賃金も減る傾向でした。

ですが、当社の社員の給与は下がっていません。ありがたいことに十分に支払うだけの工事量が常に確保されるようにしています。厳しい時期もありましたが給与は下げませんでした。やはり働く人の安心感が仕事の意欲に繋がるからです。

福利厚生の充実と待遇改善

建設業は昔は福利厚生があまり無い業界とされていました。ですが6,7年前から働く人の待遇改善のために社員にしたり、社会保険加入を促進したり会社によっては特別手当や週休二日制を導入したりしています。

当社に所属する職人さんは全員社会保険に加入しています。前は加入してなかった人も今は加入したおかげで得をしたと言ってくれる人もいます。

建退共という職人のための退職金制度の活用も薦めています。

20代30代の人達が色んな求人をみているかと思いますが、型枠という仕事や荻野工務店に興味が湧いてきたなという方、ぜひ問い合わせしてください。


NEW

  • 今年のゴールデンウイークは長い。

    query_builder 2022/05/06
  • 建設物価上昇で賃金も上昇?待遇も?福利厚生は??

    query_builder 2022/04/13
  • 困ったときの大工さん!手に職を持つ大事さ

    query_builder 2022/04/08
  • 現場は危険箇所がいっぱい!でも怪我はさせない!!

    query_builder 2022/04/05
  • 現場パトロールにて・・・。

    query_builder 2022/03/28

CATEGORY

ARCHIVE